〜漢方を組み合わせた内科診療〜

稲垣内科医院/奈良県奈良市
TOP 医院紹介 漢方診療 漢方処方解説 病気の知識
健診データの読み方 診療時間 アクセス LINK お問い合わせ

CONTENTS

項目一覧
1 肝機能異常(AST, ALT, γ-GTP, ALP, T-bil, ALB, 血小板)
2 脂質検査の異常(総コレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪など)
3 便潜血検査陽性
4 胆嚢ポリープ
5 血圧高値−高血圧
6 空腹時血糖、糖負荷試験、HbA1cの異常−糖尿病の疑い
7 血液検査の異常(RBC,Hb,Hct)−貧血
8 尿酸値の異常−高尿酸血症、痛風
9 蛋白尿
10 血尿
11 胃ポリープ
12

肝嚢胞(かんのうほう)












肝嚢胞-腹部超音波検査A


@肝嚢胞(かんのうほう)とは

肝嚢胞  肝嚢胞とは肝臓に液体の入った袋ができる病気で、多くは先天性の単純性嚢胞であり、人間ドックなどの腹部超音波検査によって無症状で発見されます。 超音波検査をうける約7%の方にみつかるありふれた病気です。 但し、稀に炎症性、腫瘍性、寄生虫性の嚢胞がありますので、これらを的確に診断する必要があります。    

A肝嚢胞(かんのうほう)の原因

 肝嚢胞のほとんどは先天性の単純性嚢胞ですが、外傷性、炎症性、腫瘍性、寄生虫性の嚢胞も稀にあります。 

B肝嚢胞(かんのうほう)の症状

 単純性嚢胞の多くは無症状ですが、大きくなれば腹部膨満感をみとめ、稀に感染、出血、破裂も起こります。 炎症性のものでは発熱、腫瘍性、寄生虫性のものでは黄疸なども起こることがあります。  

C肝嚢胞(かんのうほう)の取り扱い

 単純性嚢胞であれば症状がなければ定期的に腹部超音波検査をおこない経過観察します。(多くはこのパターンです) 大きくなって圧迫症状がある場合は針で刺して内容液を吸引したり、手術をおこなったりします。 血液検査、症状、超音波所見などから炎症性、腫瘍性、寄生虫性などが疑われる場合はより詳しい血液検査や造影CT、MRI、MRCPなど検査をおこなって原因を確認して、それぞれの治療をおこなう必要があります。




Copyright (C)2006 INAGAKI MEDICAL CLINIC All rights reserved.